Y GARDEN

タイ古式マッサージとは

  • HOME
  • タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージは、世代を超えて継承すべきものとして、ユネスコから認定され、2019年に無形文化遺産に登録されました。

ヨガ・指圧・整体などの流れをくむタイ古式マッサージ(タイ式マッサージ・タイマッサージ・古式マッサージとも呼ばれます)は、タイの伝統医学の一つです。その歴史は古く、ブッタの主治医だったシヴァカ師が開祖といわれ、約 2500 年前に仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれています。

タイ古式マッサージは、頭の先からつま先まで全身くまなくマッサージを行います。タイ古式マッサージと指圧で行う一般的なマッサージの違いとして、タイ古式マッサージを行う施術者は手の平やヒジやヒザ、足など体の色々な部分を使い筋肉を刺激していきます。センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめていくことにより、血流が促され、自律神経のバランスが整い、人間が本来持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果があるとされています。

また、ストレッチを行いながら体をほぐしていくのもタイ古式マッサージの特徴の一つです。ストレッチを行うことにより柔軟性を高め、疲れがたまりにくい体に変えていきます。このため「二人でするヨーガ」ともいわれます。タイ古式マッサージと聞くと「痛そう」「アクロバティック」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、決して痛みを伴ったり、無理な姿勢を強いたりするマッサージではありませんのでご安心ください。

タイ古式マッサージを受けている時の脳内はアルファー波で満たされ、半覚半眠の状態になり、精神が安定し、心身ともにリラックスしていきます。タイ古式マッサージは「世界で一番気持ちいいマッサージ」ともいわれています。カラダとココロがふわっと解放されるのをきっと体感できるはず。

都会の生活で疲れた体を、タイ古式マッサージで癒しませんか?

日本人のためのタイ古式マッサージ

その国の文化や習慣などにより、人の好みは異なります。例えばマッサージの「強さ」や「刺激」ですが、痛みを伴う”東洋式”とソフトな刺激の”西洋式”に大別されます。刺激を好む東洋人には”西洋式”のマッサージでは物足りなさを感じたり、逆にソフトな刺激を好む西洋人には”東洋式”では刺激が強すぎると感じることがあります。また、上半身が大きく下半身が細い西洋人と、上半身がそれほど大きくない日本人では「体格」も違うため、疲れやすい場所も異なります。ワイガーデンでは、日本人にちょうどいい「イタ気持ちよさ」と、日本人の体格や体質に合わせたタイ古式マッサージを日々研究しております。

タイ古式マッサージと仏教

タイ人の9割以上が仏教徒と言われています。そのため仏教は、タイ人の性格や考え方、文化、生活様式に大きな影響を与えています。タイでは昔からWat(ワット)と呼ばれる寺院が診療所の役割を果たしてきました。今でもWatPo(ワット・ポー)というバンコクのお寺では、タイ古式マッサージを受けたり、タイ古式マッサージを習うことができます。肉体的な病気であろうと、精神的な病気であろうと、体調が悪くなったらお寺に行ってマッサージを受けるというのがタイ人の伝統的な考え方なのです。
タイ古式マッサージを行う前に、胸の前で手を合わせて相手にお祈り捧げる「ワーイ」という行為も、仏教の思想と密接につながっています。

タイ古式マッサージの呼吸

タイ古式マッサージの施術を行う際、施術者は相手の呼吸を意識します。私たちが生きていくうえで必要な、消化・代謝・分泌・体温維持・排泄・ホルモンなどは、自律神経とよばれる神経が、無意識に体内の循環をコントロールしています。自律神経は、交感神経と副交感神経の二つに分けられます。
交感神経が優位になると、呼吸や心拍数が早くなり、血管は収縮し、血圧は上昇し、身体は緊張状態になります。逆に副交感神経が優位になると、呼吸や心拍数は落ち着き、リラックスした状態になります。
施術者は施術を行う相手と呼吸を合わせ、調和し、ゆっくりとマッサージを行うことにより、少しづつ副交感神経を優位にしていきます。タイ古式マッサージを行っている時は、施術をする側もされる側も、お互いが瞑想に近い状態になります。

タイ古式マッサージのストレッチ

ストレッチがカラダに与える効果は次の3つです。
1.筋肉の緊張をやわらげる2.関節の可動範囲を大きくする3.血液循環を促進させる
筋肉は緊張すると、筋肉内を通る血流を外側から圧迫し、血液が滞りやすくなります。このような状態のとき、ストレッチで筋肉を大きく伸ばしたり縮めたりを繰り返せば、血液の流れがよくなります。
筋肉中の毛細血管はストレッチを行うことにより、血管から心臓へ血液を送り返すポンプの役割を果たし、全身の血流が改善されます。一人で行うストレッチも正しく行えば十分な効果が得られることができますが、タイ古式マッサージでは、一人は伸ばせない筋肉を二人でゆっくりと伸ばしていきます。そのため「二人でするヨーガ」ともいわれます。肩こりや腰痛は筋肉の過緊張が原因になっているケースが多く、筋肉を伸ばしたり縮めたりを繰り返すことにより、“うっ血”状態が改善され、血行が促進して疲労性物質や老廃物が取り除かれ“コリ”がほぐれていくわけです。
ストレッチが、広範囲の筋肉に働きかけるのに対し、マッサージは局部的に作用します。たとえばデスクワークのように同じ姿勢を続けることにより、肩や首や腰が広範囲に固まったら、ストレッチで上半身全体の柔軟性を高めます。背中や腰などに硬いコリがある時は、そこをピンポイントでマッサージしてあげます。ストレッチとマッサージは、組み合わせることにより効果が倍増します。マッサージは血流を促して皮膚や筋肉の温度を上げます。筋肉は温まると伸びやすくなるので、その後にストレッチを行うと効率的に筋肉が伸びるようになります。
タイ古式マッサージで適切な部位の筋肉を適切な方法でアプローチすることより、症状が改善され、再発防止にも役立ちます。

タイ古式マッサージの二つの流派

こんにち、タイで行われているタイ古式マッサージには、チェンマイスタイルとバンコクスタイルの二つの流派に大きく分けることができます。おおもとの考え方は同じですが、重点を置くところがやや異なります。チェンマイスタイル(北部式タイ古式マッサージ)は、タイ北部の山岳地帯の農村で発展したものであり、彼らの生活様式を反映して、足を使う方法と動的なストレッチに特に重点を置いています。バンコクスタイル(南部式タイ古式マッサージ)は、タイ古式マッサージの総本山ともいえるバンコクの寺院Watpo(ワット・ポー)が近代化するにあたり、西洋現代医学的見地から汎用性が高く、かつ大勢の人が運用できるよう安全なものに再構築されたため、指圧を重点に置いています。ワイガーデンでは、二つの流派のいいところを取り入れながら、日本人に合ったタイ古式マッサージを日々研究しています。

タイ古式マッサージの基礎理論

タイ古式マッサージの基礎をなすタイ伝統の医学理論では、身体はエネルギーラインが相互に張りめぐらされたにクモの巣のようなものと考えられています。これが人体のあらゆる生命機能を支え、維持する力なのです。このエネルギーが滞りなく流れているときは、私たちの精神、身体、魂はともに素晴らしい健康状態を保つことができます。このエネルギーラインの流れが妨げられると、身体全体の混乱とアンバランスにつながります。
タイ古式マッサージでは、身体の中にある無数のエネルギーラインをセン(SEN)と呼び、その中から特に重要な10本を選んで、押したり、ストレッチを行うことによりエネルギーラインを活性化させ、全身にエネルギーが滞りなく流れるようにします。

タイ古式マッサージの心理的効果

私たちの肌は、身体の表面のどこにでもあり一番大きな感覚器官です。赤ちゃんはお腹の中で、目や口や鼻や耳などの感覚器官を使うより先に、お母さんの動きを肌で感じながら育っていきます。その時の記憶が、ブランコやハンモックを気持ちよいと感じる理由になっていると言われています。また、お母さんのお腹の中では、呼吸や心臓の鼓動もやさしいマッサージになります。相手の呼吸に合わせ、肌から伝わる慈愛に満ちたマッサージの温もりは、お母さんのお腹にいた頃の記憶とリンクしているのかもしれません。タイ古式マッサージは、ストレス解消や精神的な安定にも期待ができます。

タイ古式マッサージはこんな人にオススメです

私たちの肌は、身体の表面のどこにでもあり一番大きな感覚器官です。赤ちゃんはお腹の中で、目や口や鼻や耳などの感覚器官を使うより先に、お母さんの動きを肌で感じながら育っていきます。その時の記憶が、ブランコやハンモックを気持ちよいと感じる理由になっていると言われています。また、お母さんのお腹の中では、呼吸や心臓の鼓動もやさしいマッサージになります。相手の呼吸に合わせ、肌から伝わる慈愛に満ちたマッサージの温もりは、お母さんのお腹にいた頃の記憶とリンクしているのかもしれません。タイ古式マッサージは、ストレス解消や精神的な安定にも期待ができます。

Y GARDEN